2015年12月25日

履歴書・経歴書は誤魔化さずに

今日は、クリスマス。


でも日本は、クリスマスイブが過ぎると、クリスマスが終わったような感じになりますねw


クリスマスではなく、クリスマスイブが重要なのかもw


という私も、すでにクリスマス気分は遠のき、年末&お正月に向けてまっしぐらです!


gaishirankblog.JPG



さて、運営する外資系転職情報サイト「外資系転職エージェント情報」http://www.gaishikei.biz/ に経歴詐称についての記事を書きました。

http://www.gaishikei.biz/keirekigomakasu.html


転職する時、マイナスなイメージを与えてしまう過去や経歴は消してしまいたい。


履歴書や職務経歴書を、ちょっと誤魔化しても大丈夫だろう…


そんな気持ちに陥りやすいですが、やはり履歴書や職務経歴書は誤魔化さずに書くべきです。


それに嘘を書いてもいずれかはばれてしまうものです。


履歴書や職務経歴書は正しく書きましょう、という内容の記事を書いてみました。


嘘をついても、ろくなことはありませんから。


外資系転職エージェントの最新ランキングひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
X’masプレゼント、子供たちがすごく喜んでくれた!
ランチがおいしかった!
BIZの作業が本日も一つ進んだ!
今日も大好きな家族と一緒に過ごすことができて最高に幸せです!心からありがとう!! \(^o^)/

「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

[外資系転職エージェント情報] ← 運営している外資系転職に関する情報サイトです!

「外資系転職エージェント情報 by Naion」 ← 外資系転職のFacebookページです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました m(_ _)m









posted by としひろ at 15:40| Comment(0) | 履歴書・経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

やはりレジュメは

夏本番!


暑い日が続きますね。


シャワー浴びてビール飲みたい!


ところで、先日転職エージェントのコンサルタントとお会いしました。


色々とお話をお聞きすることができたのですが、やはりレジュメの重要性をしつこく語ってました。


gaishirankblog.JPG



具体的な数値で表す。


目標VS結果を示す。


誤字・脱字は×


ごくごく当たり前のことですが、それができていないレジュメが少なくないようです


レジュメは大事なファーストインプレッションを与えるもの。


何度もチェックし、コンサルタントや他の人にも目を通してもらい、完璧なレジュメを提出したいものですね。


外資系転職エージェントの最新ランキングひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
今朝は5kmのラン、気持ちよかった!
ランチ、美味しかった!
ちょっとしたご縁があった!
今日も大好きな家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せです!心からありがとう!! \(^o^)/

「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

[外資系転職エージェント情報] ← 運営している外資系転職に関する情報サイトです!

「外資系転職エージェント情報 by Naion」 ← 外資系転職のFacebookページです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました m(_ _)m





posted by としひろ at 16:19| Comment(0) | 履歴書・経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

英文レジュメでやっておきたいこと

昨日に続いて英文レジュメについて。


英文レジュメ、もしくは職務経歴書は、応募する企業に合わせて内容を書き換えることが大切です。


業界や業種、ポジションが変われば売り込む内容も変わります。


gaishirankblog.JPG



営業担当のポジションであれば、いかに営業として成功したかを。


一方、営業マネージャーであれば、部下やスタッフをマネージし売り上げを伸ばしたのか。


応募する企業やポジションに合わせてPRする部分を変えることで、効果的な英文レジュメになります。


内容を修正していくのは大変なことですが、転職を成功させるためにはやっておきたいプロセスです。


外資系転職エージェントの最新ランキングひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
今日も天気がよくて気持ちがよい!
気分が高揚している!
大切な家族と今日も一緒に暮らすことができて最高に幸せです!心から感謝!! \(^o^)/

「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

[外資系転職エージェント情報] ← 運営している外資系転職に関する情報サイトです!

「外資系転職エージェント情報 by Naion」 ← 外資系転職のFacebookページです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました m(_ _)m






posted by としひろ at 11:25| Comment(0) | 履歴書・経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

英文レジュメをチェックするには

外資系に転職する際に必要な英文レジュメ。


これが結構大変です。


英文の作成も大変ですが、誤字や脱字、さらに文法的な間違えや変な言い回しがないかチェックすることがなかなか大変。


英語に自信があればまだしも、ない場合にスペル間違えや文法ミスをチェックするのはどうすれば?


お友達にネイティブの人があれば、その人にチェックしてもらうのが一番。


でもネイティブのお友達がいる人なんて少数派。


じゃぁ、どうすればよいか。


一つにはエージェントにいるネイティブのコンサルタントにお願いしてみる。


まぁ、実際のところ外資系相手のエージェントこコンサルタントは、先方企業へレジュメを送付する際には、ガツッとレジュメを校正して提出しているはずです。


ですからネイティブなコンサルタントを利用するときはそれほど心配する必要もないかも。


一方、ネイティブではないコンサルタントを使う場合。


英文レジュメはそのまま相手先の外資系企業へ。


このケースの場合、チェック機能が働かないので自分でする必要があります。


有料ですが英文レジュメを添削してくれるサービスがあります。


こういったサービスをご利用されるのもよいでしょう。


「英文 レジュメ 添削」でググれば色々と出てきますよ。


外資系転職エージェントの最新ランキングひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
ランチがおいしかった!
天気がよくて気持ちがいい!
今日も大好きな家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せです!心からありがとう!! \(^o^)/

「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

[外資系転職エージェント情報] ← 運営している外資系転職に関する情報サイトです!

「外資系転職エージェント情報 by Naion」 ← 外資系転職のFacebookページです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました m(_ _)m








posted by としひろ at 17:08| Comment(0) | 履歴書・経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

外資系転職 経歴書・レジュメは手書き?PCで印刷?

履歴書や職務経歴書、レジュメを手書きにするか、それともPCで作成して印刷するか。


結論から言うと、私はPCで作成して印刷したものを送付します。


1. 経歴書やレジュメは、ご自身の経歴や実績を示すもの。読みやすいためにもPCで作成したものの方がいいです。字がきれいだかどうかを履歴書で判断かなんてしません。実際、仕事で手書きの書類なんか作成しませんし、そんなことしたら X


2. 昔から、海外ではオフィシャルのレターはタイプライターで作成します。同じように外資系企業へ提出するレジュメもある種のレターですから、ちゃんと印刷したものにしたいですよね。


3. PCできないの、って思われてしまうかも…


4. 手書きだと非効率的ですよね。間違えたら最初から書き直しですから。修正ペンなんかで書き直しは×ですからね。


5. 手書きのほうが印刷したレジュメよりもいい、と考えている私と違う価値観を持っている会社には入りたくないから。 まぁ、外資系でそんなこと考えている企業は皆無だと思いますがw


まっ、そんなことで外資系へ転職するなら、PCで作成して印刷した経歴書やレジュメを提出しましょう。



NEW 「外資系の求人に強い転職エージェントランキング」 ひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
今朝も息子と楽しく通学した!
早朝ジョギングが気持ちよかった!
素敵な方からメッセをいただいた!
今日も大切な家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せです!心から感謝!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m




facebookページ「外資系転職エージェント情報 by Naion」


posted by としひろ at 17:06| Comment(0) | 履歴書・経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

外資系転職 英文レジュメ・職務経歴書は重要

外資系転職で最初の関門が書類選考。


書類選考とは送られてきた履歴書や経歴書、英文レジュメを採用担当者が読み、会って話を聞いてみるかどうかを決める選考です。


採用側が会う必要がないと決めればそこでおしまい。


次のステップへ進むことができません。


会って話をさせてもらえれば、自分をアピールできると思っていても書類選考ではじかれればそのチャンスを逃すことになります。


転職活動の中で重要なステップになるのが書類選考です。


そのため提出する履歴書や職務経歴書、英文レジュメはしっかり考えて記入する必要があります。


さらに外資系では外国人が目を通すことも。


彼らによいインプレッションを与える英文レジュメを書くことが、一次審査である書類参考を突破する秘訣でもあります。


そんな外資系転職で成功するための、英文レジュメ・職務経歴書にについてまとめのページを作成しましたのでよろしければご覧ください。


「 外資系転職の英文レジュメ・職務経歴書のまとめ」


NEW 「外資系ITの求人に強い転職エージェント」 ひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
今朝も息子と楽しく通学した!
ランチがおいしかった!
今日も大好きな家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せです!心から感謝!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m




facebookページ「外資系転職エージェント情報 by Naion」

posted by としひろ at 13:17| Comment(0) | 履歴書・経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

英文レジュメはこんな気持ちで書く

外資系に転職するときに作成する英文レジュメ。


履歴書と経歴書が一緒になったようなものです。


これが正解という、決まったスタイルはありませんが、大体のフォーマットは決まっています。
⇒英文レジュメの書き方


この英文レジュメは、多くの場合外国人のボスや採用担当者が読むためのものですので、彼らのマインドを動かすように書かなくてはなりません。


ともかく売り込むこと。



こんなことをした


こんな実績をあげた


こんなことができる




英文レジュメは自分を売り込むツールであることを、しっかり意識して作成することが大切です。


具体的に、そして簡潔に。


くれぐれも、謙遜なんて絶対にしないこと。



私はできる人間だ!



と、思い込んで作成してみると良いでしょう。


そうすれば、レジュメの内容も力強く魅力的な内容になってくるでしょう。


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
今朝も娘と楽しく通学した!
BIZでまた一つ発見があった!
今日も大切な家族と一緒に過ごすことができて、最高に幸せです!ありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している
↓↓↓外資系転職に関する情報サイトです
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m





posted by としひろ at 17:43| Comment(0) | 履歴書・経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

外資系転職を成功させる レジュメ作成の秘訣

外資系へ転職するプロセスでは、大きな二つの山があります。


それは、書類選考と面接。


この二つのステップが、外資系の転職活動において、重要なステップになります。


今回は、外資転職で重要なステップのうち、レジュメ・英文経歴書について書いてみます。


書類選考では、レジュメ・英文職務経歴書を送って、次のステップの面接まで進めるかどうかが決まります。


これがなかなか難しい。


このプロセスで半分以上、場合によっては8〜9割が振り落とされます。


外資系への転職を成功させるためには、このプロセスを乗り越えることが、非常に重要になってきます。


しかし、レジュメ・英文経歴書をしっかり書こうと考えている方は、多くはないようです。


転職エージェントを使った場合、特にネイティブのコンサルタントを使うと、英文のレジュメを添削してくれたりします。


しかし、自分で応募する場合は、英語での言い回しや表現を上手に書くのは簡単ではないはずです。


ネイティブほどの語学力があれば別ですが、そうでなければネイティブの人に添削してもらうべきでしょう。


誤字・脱字はもちろんのこと、文法の間違えや、ネイティブが読むとちょっとおかしいと感じさせてしまう表現など、直しておく必要があります。


また、日本人は経歴書でのアピールの方法が、上手くないように感じます。


特に、売り込みの仕方が弱いのです。


日本人特有の、謙虚さ美徳する考えや、自己主張を憚る国民性などが、そのレジュメや職務経歴書に表れてしまうことが良くあります。


そして主張の弱いレジュメを読んだネイティブの採用担当者には、何の印象も与えないレジュメとなってしまいます。


また、外資系での採用において、キーパーソンが外国人である場合が少なくありません。


そして、英文のレジュメを読むのは、大抵の場合、日本人ではなくて外国人です。


採用のキーパーソンが読む英文レジュメですから、書類選考は、転職活動において非常に重要な関門になるのです。


そして、送ったら最後、貴方はなにもフォローも、エクスキューズや反論もできません。


ただ、英文レジュメを読んでもらうしかありません。


ですから、読んだだけで採用担当者に、会ってみたいと思わせるほどのレジュメを作成する必要があります。


外資系転職で英文のレジュメを出す場合は、転職エージェント経由でなければ、ネイティブの外国人に内容を添削してもらう。


これが、外資系転職を成功するための、非常に大切なポイントの一つです。


英文履歴書・レジュメの書き方


 
☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
今朝も娘と笑顔で一緒に通学した!
BIZで新しい提案やお誘いがあった!
今日も大切な家族と一緒に暮らすことができて幸せです!ありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している
↓↓↓外資系転職に関する情報サイトです 
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



posted by としひろ at 17:11| Comment(0) | 履歴書・経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

「職務経歴書」作成のポイント

転職活動をする際に、一番大切な書類といえば「職務経歴書」


「職務経歴書」をしっかり作成できるかどうかで、次のステップへ進めるかどうかが決まってきます。


インパクトのある、上手な「職務経歴書」の書き方は色々あります。


しかし、一番大切なのは、


誤字や脱字がないこと


まず、これに気をつけたいところです。


極端な誤字や脱字は、ワードなどのツールが教えてくれますが、怖いのは変換間違い。


正しく変換したと思ったら、全然違う意味の単語に変換されていても、ツールは教えてくれませんから。


このようなミスは、何度も見直すことで防ぐしかありません。


そして、一番いいのは他の人に見てもらうこと。


できれば、2〜3人に見てもらうといいでしょう。


人に読んでもらう時には、見落とした誤字や脱字のチェックのほかに、「職務経歴書」を読んだ感想や印象を尋ねると良いでしょう。


文章や表現が、自分の意思とは違う印象や意味を、読み手に与えてしまっているかもしれません。


自分の真意でない印象を与えているのなら、真意が伝わるような文章や書き方に変えなくてはなりません。


そのような読み手の印象を確認するためにも、他の人に「職務経歴書」を読んでもらって、感想を聞くことをお勧めします。


ともかく転職活動で一番大切な「職務経歴書」


じっくり時間をかけて丁寧に作成することが、転職活動を成功させるための重要なポイントです。


⇒転職エージェントのランキングへ>>>

 
☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
娘と楽しく通学した!
朝早く気持ちよく目が覚めた!
インフルエンザの予防接種を済ませてほっとした!
今日も大好きな家族と楽しく暮らすことができて最高に幸せです!ありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している
↓↓↓外資系転職に関する情報サイトです 
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



posted by としひろ at 17:24| Comment(1) | 履歴書・経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

外資系転職のための第一関門

外資系へ転職する場合に、一番最初のハードルは書類審査。


レジュメや履歴書、職務経歴書を、応募企業の採用担当者に読んでもらうことから始まります。


経歴の内容や実績も大切ですが、基本となることは誤字脱字がないことです。


ミスをなくすためには、何度も読み返してチェックし、他の人にも目を通してもらうのがよいでしょう。


また、外資系の場合、英文のレジュメの提出を求められることがほとんどです。


この、英文レジュメの場合は、誤字脱字のほかに文法などにも気をつけたいものです。


私の場合は、転職の際にはエージェントを使っていましたので、エージェントの外国人のコンサルタントがレジュメの文法などを手直しして、先方企業に提出していました。


ですから、外資系へ転職する場合は、ネイティブからレジュメのチェックを受けることができる、ネイティブのコンサルタントが多いエージェントを利用することをお勧めします。


ともかく、レジュメや履歴書、職務経歴書による種類審査は、転職を成功させるための大切なファーストステージです。


じっくりと見直しをし、一つの落ち度もないレジュメを作成しましょう。


 
☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
気持ちよく早起きができた!
娘と一緒に楽しく登校した!
今日も素敵な家族と一緒に暮らすことができて最高です!ありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している
↓↓↓外資系転職に関する情報サイトです 
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



posted by としひろ at 16:31| Comment(0) | 履歴書・経歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。