2013年05月09日

1兆円以上を稼ぐアメリカ企業

トヨタ自動車が、2014年3月期の連結業績予想(米国会計基準)で、営業利益が前期比36.3%増の1兆8000億円になると発表されました。


リーマンショック前までの水準(08年3月期:2兆2703億円)に回復しそうだとのこと。


売上ではなく営業利益で1兆を超えるのですからすごいですね。


一方、アメリカ企業はどうでしょうか。


最近発表された「Fortune500」(2013年度)をもとに調べてみました。


Profit(利益)のランキングで第1位はアメリカメジャーのExxonMobilでUS$4,4880mm、日本円に換算すると4兆4,319億円($1=98.75)


次いで2位はあのAppleで、US$4,1733mm(4兆1,211億円)


石油メジャーのChevronUS$2,6179mm(2兆5,852億円)、金融グループJ.P.Morgan Chase & Co.がUD$2,1284mm(2兆1,018億円)、商業銀行Wells FargoUS$1,8897mm(1兆8,661)と続いています。


$10billion(約1兆円)以上のProfitを上げている企業は17社。


この数値はすでに発表されたものですから、これから景気の上昇が予想されるので次年度はさらに$10billion(約1兆円)越えの企業が増えることでしょう。


アメリカ系外資のスタッフには追い風かもしれませんね!


NEW 「外資系の求人に強い転職エージェントランキング」 ひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
気持ちよく目が覚めた!
息子と楽しく通学した!
ランチがおいしかった!
天気がよくて気持ちがいい!
今日も大切な家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せ!心からありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!
ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]
最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



facebookページ「外資系転職エージェント情報 by Naion」




posted by としひろ at 16:59| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

「Fortune 500」2013年度版が発表

アメリカの経済誌「FORTUNE」が毎年発表している「Fortune 500」


アメリカ企業の売り上げ上位500社のランキングですが、2013年度版が発表されました。


今年1位になったのは、大手スーパーマーケットの「Wal-Mart Stores/ウォルマート・ストアーズ」で売上高は4692億ドル(約47兆円)


これはロシアの国家予算(歳入:4130億ドル)を上回り、スペイン(歳入:4851億ドル)に迫る金額です


続いての2位は石油メジャーの「Exxon Mobil/エクソンモービル」


こちらの売上高は4499億ドル(約45兆円)でこちらも40兆円を超えています。


3位の石油メジャーの「Chevron/シェブロン」の売上高が2339億ドルと両企業の半分程度しかありませんので、この2社の売上高がいかに抜きんでているかが分かります。


また、上位10社の中の企業の業種は、石油精製(4社)、自動車(2社)の2業種で半数以上を占めており、売上高の面からみるとアメリカはやはり自動車社会なのだなと感じます。


「Fortune 500」 の2013年度版(1位〜20位)


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
久しぶりに素敵な方からメッセをもらった!
久しぶりに息子と楽しく通学した!
気持ちよくジョギングした!
今日も大切な家族と一緒に過ごすことができて最高に幸せです!心からありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!
ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]
最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



facebookページ「外資系転職エージェント情報 by Naion」


posted by としひろ at 16:00| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

景気が上向いている

インテリジェンスが運営する転職サービス[DODA]では独自に調べた求人倍率を毎月発表しています。


それを見ると少しずつですが求人倍率は上がってきています。


特に、IT/通信業界とメディカル業界がいいようですね。


そして2013年2月の調査結果では求人数が過去5年間で最高だったとか。


企業側の採用意欲が高まっているといえるでしょう。


また、最近の春闘に関するニュースでは、組合側の要求を満額受け入れた企業が多いと報じていました。


今の季節のように景気もだんだんと暖かくなってきているようです。


景気は着実に上向いていますね。


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
息子と楽しく通学した!
気持ちよくジョギングした!
素敵な方からメッセをもらった!
今日も大切な家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せです!心からありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m




facebookページ「外資系転職エージェント情報 by Naion」


posted by としひろ at 16:53| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

アメリカと日本の失業率

今晩、アメリカの1月の雇用統計が発表されますね。


予想されている失業率は7.8%で非農業部門雇用者数が16.5万人。


ここのところ続いているアメリカ企業の決算発表ですが、各企業の比較的好調な成績が報じられています。


そんなことから雇用者数は、予想よりも増えるのではないかなぁと個人的に思っていますが、結果はどうなるのでしょうか。


そんなこと考えてネットを見ていたら、本日は日本の失業率も発表されたようです。


こちらは、4.2%で予想(4.1%)を若干上回ったよう。


それでもアメリカの失業率に比べれば低い水準。


まだまだ日本は悪くない経済環境だと思うのは私だけでしょうか。


NEW 「外資系の求人に強い転職エージェントランキング」 ひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
息子と楽しく通学した!
今朝も気持ちよくジョギングした!
素敵な方からメッセージが届いた!
今日も大切な家族と楽しく暮らすことができて最高に幸せです!心からありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m




facebookページ「外資系転職エージェント情報 by Naion」




posted by としひろ at 17:00| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

アメリカの株式市場が好調だと

アメリカの株式マーケットが好調なようですね。


昨日は若干下落したようですが、過去最高値をうかがう勢いはまだまだありそうな気配。


各企業の決算発表の結果も予想を上回っているようです。


今週末に発表される1月の雇用統計の結果次第では、大幅な株価上昇につながる可能性もありそうです。


これがポジティブ・スパイラルへと繋がり景気上昇となってほしいですね。


アメリカ企業が元気になれば、アメリカ系外資の採用も活発になるでしょうから。


NEW 「外資系の求人に強い転職エージェントランキング」 ひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
息子と楽しく通学した!
早朝ジョギング、スピードが速くなってきた!
今日も家族と楽しく暮らすことができて最高に幸せです!心からありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m




facebookページ「外資系転職エージェント情報 by Naion」




posted by としひろ at 11:44| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

有効求人倍率はプラス?マイナス?

厚生労働省が30日発表した9月の有効求人倍率は0.81倍。


前月を下回ったのは、2009年7月以来の3年2か月ぶりでした。


一方、転職サービス「DODA(デューダ)」が発表した、2012 年 9 月の転職求人倍率は1.39で2008年1月以降で最高値でした。

「求人倍率は前月から横ばいの1.39倍で最高値」


なんでこのような開きがあるのか。


厚生労働省の有効求人倍率は、その月のハローワークで扱った求人数を求職者数で割ったものです。


ハローワークは全国の求人・求職を扱っていますし、さまざまな職種の求人・求職を扱っています。


一方、DODAの転職求人倍率はDODAで扱う求人数(採用予定人員)を転職希望者数で割ったものです。


扱う職種は、営業、技術、事務など限られて職種で、地域も首都圏や地方の大都市の求人・求職がほとんどです。


ハローワークと転職エージェントでは、扱う案件も登録する人も少し異なるため上述のようなデータのかい離がみられるのです。


一日も早く両方のデーターが大きなプラスになるようになってもらいたいですね。


NEW 「外資系ITの求人に強い転職エージェント」 ひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
今朝も息子と楽しく通学した!
BIZで新しいアイデアが浮かんでうれしい!
今日も大切な家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せです!心から感謝!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m




facebookページ「外資系転職エージェント情報 by Naion」

posted by としひろ at 17:44| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

マンパワー 「米国などで雇用見通しがわずかに改善」

2012年第3四半期(7−9月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワー雇用予測調査」の結果が発表されました。


それによると、季節調整後の純雇用予測は、日本国内では前年同期比で3ポイント増、前四半期比では1ポイント増の12%となり、企業の雇用意欲がやや上向くことが予想されるとしています。


一方、アメリカでは前四半期の10%から、また8%前年同期の11%と比較してわずかに増加しています。


この調査は人材大手の「マンパワー」が、世界41各国で四半期ごとに行っています。


ジェフリー・ジョレス(マンパワー会長・社長兼 CEO)は 「現在の欧州における不安定な経済情勢は、引き続き世界の労働市場に影響を及ぼしている」とコメント。


欧州経済が一日も早く解決してくれることを。心から期待します。


*純雇用予測: 調査結果のうち「増員する」と回答した企業数の割合(%)から「減員する」と回答した企業数の割合(%)を引いた値。(マンパワーのレポートより)


NEW 「外資系IT企業の求人に強い転職エージェント」 ひらめき



☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
息子と楽しく通学した!
懐かしい方からコメントをいただいた!
今日も大切な家族と一緒に暮らすことができて本当に幸せです!心からありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m




posted by としひろ at 17:10| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

アメリカの大手企業の雇用が持ち直し

ロイターの報道では、アメリカの大手企業の雇用が持ち直してきているそうです。


それによるとS&P総合500種.SPX構成企業に対する調査で、約4分の3の企業が過去1年間に緩やかなペースながらも人員を増やしているのだとか。


また、セクター別で見るとテクノロジー関連が最も活発に人員採用を行っており、過去1年で人員を増やした企業と増やさなかった企業の割合は9対1と、人員を増やした企業圧倒的に多かったそうです。


特にインターネット関連企業がとりわけ積極的で、具体的に名前が挙がったのがアマゾン(新規雇用の伸び:67%増)、イーベイ(同:57%増)、プライスライン・ドット・コム(同:47%増)などです。


アメリカ本社の雇用が積極的になれば、日本の外資の雇用も回復することが期待できるでしょう。


ただ、そのレポートで指摘されていたのが、この雇用の回復が持続するかどうかが不透明であるということです。


ある投資顧問会社の株式最高投資責任者が指摘したのは、企業の成長が一服したり、マクロ経済に不安を感じた場合、正規雇用ではなく派遣労働者を選択する傾向があるということ。


ヨーロッパ経済の今後の成り行きでは、アメリカのマクロ経済にも影響が及ぶことも考えられます。


しかし 、アメリカの大手企業では雇用が活発化しているのは事実な用ですから、日本の外資系企業の採用枠が増えることに期待していきましょう。


NEW 「外資系IT企業の求人に強い転職エージェント」 ひらめき



☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
息子と楽しく通学した!
習慣を変えて朝一でBIZを行った!
本を読んで気持ちがポジティブになった!
今日も大切な家族と一緒に過ごすことができて最高に幸せです!心から感謝です!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m




posted by としひろ at 16:16| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

ポジティブ連鎖が始まりそう

アメリカの株価が上がってきました。


ダウ鉱業30種平均が、2008年5月以来1万3000ドルを超えたとか。


2008年というと9月にアメリカの金融企業リーマン・ブラザーズが破綻した、リーマン・ショックがあった年。


リーマンショック以前の経済状態へ、戻りつつあるようです。


このまま順調に回復していけば、ポジティブの連鎖が始まることでしょう。

⇒外資系転職市場も好転か

 
☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
今朝も気持ちよく早起きができた!
娘と楽しく通学した!
新しい発見があって嬉しかった!
今日も大切な家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せです!心から感謝です!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している
↓↓↓外資系転職に関する情報サイトです 
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



posted by としひろ at 13:28| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

外資系へ転職したいなら…

外資系企業に興味がある私にとって、外資系の本国の状況が非常に気になります。


つい最近も、昨年の第4・四半期の決算についてロイターの報道がありました。


それによると、S&P500採用企業の2011年第4・四半期の決算は、前年同期比で8.9%の増益となる見通し。


一方、先週末までに第4・四半期決算を発表した352社のうち、利益が市場予想を上回ったのは全体の63%で、2008年第4・四半期以降で最低の水準だそうです。   ⇒続きを読む


外資系の転職市場の動向は、本国の企業の業績と大きく関わってきます。


基本的に本国の業績が上がれば、採用活動は活発となりますが、業績が思わしくなければ採用がフリーズされることはしばしばあります。


極端に神経質になることはありませんが、外資系へ転職を考えているなら、海外の景況感を常にウォッチしておくことも大切でしょう。


特に、世界経済の中心であるアメリカ企業の業績の動向は、ヨーロッパやアジアといった他の国の外資系も企業へも影響を与えますから、注意を払っておきたいですね。


「S&P500で外資系の動向をチェック」

 
☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
早起きして走って気持ちが良かった!
今朝も娘と楽しく通学した!
今日も大切な家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せです!ありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している
↓↓↓外資系転職に関する情報サイトです 
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



posted by としひろ at 11:46| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。