2012年08月20日

外資系転職のために求人案件を探す方法

外資系への転職はどのようにすればよいでしょうか。


大きく分けると次の5つではないでしょうか


1 転職エージェントを使う
〇 時間を節約できる。非公開案件を紹介してもらえる。
X コンサルタントの力量に影響される。


2 転職サイトから求人案件に申し込む
〇 自由に応募できる。
X 探すための時間がかかる。アポなどは自分で取る必要がある。


3 各企業のHPで求人を探し申し込む
〇 自由に応募できる
X 案件が公開されていないことがある。


4 ハローワークで案件を探し申し込む
〇 地方でも利用できる。
X 外資系の案件が少ない。


5 知人に紹介してもらう
〇 紹介のため採用の可能性は高くなる
X 知人がいなければかなり難しい。



それぞれの方法には一長一短がありますから、どれが自分に合っているのかを良く考えてから行動してみてはいかがでしょうか。


NEW 「外資系の求人に強い転職エージェント・ランキング」 ひらめき


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
娘と楽しく通学した!
BIZを一つ仕上た!
今日も大切な家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せです!心から感謝!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m






posted by としひろ at 17:38| Comment(0) | 外資転職の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

外資転職を成功させるなら

新卒の就活では皆さん一生懸命になって、就活のための準備やら学習やらを行ったと思います。


履歴書の書き方や面接の受け方、自己PRの方法、企業研究などなど。


しっかり準備をして就職活動を行っていたのではないでしょうか。


しかし、転職活動となると準備する人は多くないのかもしれません。


自己PRや経歴の紹介など、一度も練習などをせずに転職の面接を受ける人は少なくないでしょう。


酷い場合には転職エージェントのコンサルタントが提供してくれた応募企業の情報書類を、一度も読まずに受ける兵も。


最低でもホームページで入手できる程度の相手企業の情報は、入手して頭の中に入れておきたいものです。


また、3分程度、過去の経歴をスピーチできるように、前もって原稿を作って諳んじることができるぐらいに暗記しておくと、気持ちに余裕が出てより上手く面接に対応できることでしょう。


このほかにも転職の面接の前には、色々と準備しておきたいことがたくさんあります。


転職を成功させたいなら、しっかりとした事前準備を怠らないことが非常に大切です。


NEW 「外資系企業での面接」 ひらめき



☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
早起きしてジョギングして気持ちが良かった!
一つの宿題を終わらせた!
今日も大切な家族と一緒に暮らすことができて本当に幸せです!心からありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m





posted by としひろ at 17:27| Comment(0) | 外資転職の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

間違った転職をしないために

日本では毎年、数百万人単位で多くの人が転職をしています。


厚生労働省の調べによると、平成22年に転職して別の職場へ入職した人数は、402万人(前年436万人)でした。


平成22年1月1日でのパートを除く正規雇用者(一般常用労働者)の数は3,305万人で、そのうちの12.2%が転職をしたことになります。


毎年、多くの人が転職していますが、転職に成功する人も失敗する人も様々です。


基本的に、転職で上手く行く人は、次に転職したときもより良い転職先を決めることができるケースが多い。


一方で、転職に失敗する人は、同じような失敗を繰り返すことが多いといえます。


上手な転職を成功させる人と、納得の行かない転職を繰り返す人。


その違いはどこにあるのでしょうか。


はじめに、成功した転職につてい考えてみましょう。



上手な転職とは何でしょうか?


成功した転職とは?




私が考える成功転職とは、



その会社で働くことによって、自分自身が幸せを感じ、家族や周りの人達へも幸せを与えることができる会社


そこで働くことによって、自分の明るい将来を築くことができる会社



そのような企業や職場へ転職することが、成功した転職だと思っています。


では次に、



会社で働くなかで、何に幸せを感じますか?

(仕事内容ですか?ポジションですか?働きやすい環境ですか?年収ですか?)


何があれば家族や周りの人達に幸せを与えることができますか?

(自由な時間ですか?色々なサポートですか?お金ですか?)


人によって、それぞれ色々な考えがあるでしょうから、それぞれに自分の幸せと感じることがあるでしょう。


転職とは、より幸せになるための行動です。


幸せになるためには、自分にとって、そして、家族にとって幸せと感じるものを明確にすることが大切です。


自分にとって幸せと感じさせてくれるものが、「家族と一緒にいる時間」であるのなら、「自由な時間を作ることができる職場環境」が、貴方にとって望ましい転職先の会社です。


より高いポジションが貴方を幸せと感じさせてくれるのなら、それを提供してくれる企業が貴方にふさわしい企業といえるでしょう。


転職を成功させるには、貴方が幸せだと感じることができる目標を設定することが大切です。


転職を成功させている人達の多くは、転職活動するとき、この目標設定をきちんとされています。


なんのために、転職をするのかをしっかりと理解して、行動をとっているので間違った転職をすることが少ないのです。


一方、転職の失敗を続ける人の多くは、目標設定できていない人がほとんどです。


一番多いのが、



「今の仕事が嫌だから」



確かに、それも一つの転職理由です。



職場環境が酷い


人間関係が最悪


給料が安い




これらのことから、転職を考えてしまうこともよくあります。


しかし、これらは「辞める理由」であって、「転職の理由」ではありません。


転職の目標設定をしないと、次の職場を選ぶ選定基準がしっかり決まっておらず、間違った判断をしてしまいがちで、これが転職の失敗を繰り返す人に良く見受けられます。


転職は、より幸せになるための行動ですから、幸せと感じることを得ることができる企業や職場に入職することが一番大切なポイントです。


そのためには、自分にとってなにが「幸福」なのかをしっかりと理解し、それを得ることを目的として転職活動をすることが、成功転職の王道といえるでしょう。



⇒外資系転職のプロセス>>>

 
☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
娘と一緒に通学して嬉しかった!
週末は楽しいイベントがたくさんあって楽しかった!
やるべきことを一つ片付けてすっとした!
今日も大切な家族と楽しく過ごすことができて最高に幸せです!心から感謝!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している
↓↓↓外資系転職に関する情報サイトです 
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



posted by としひろ at 14:50| Comment(0) | 外資転職の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

外資系の採用が動き出す時期とは…

年も押し迫った12月。


実は、外資系の求人が動き出すのが、年末から年初にかけてといわれています。


12月末が、フィスカルイヤー(会計年度)の年度末になる企業が多い外資系では、11月ごろに来年度の予算が出来上がります。


この予算には、来年度のスタッフ人員についても、明確に記されています。


「来年は、スタッフ〇〇名にする」


こういった、コミットメントを掲げて予算を作成し、これが承認されれば、今度は実際に採用活動をスタートしてきます。


その採用活動をスタートする時期が、12月から1月になります。


ですから、年末年始は外資系へ転職を考えている方にとっては、しっかりとネットワークを広げて、採用情報をキャッチする必要があります。


もし、転職を考えているのなら、まずエージェントに登録して、色々な情報を聞いてみてはいかがでしょうか。


⇒転職エージェントのランキングへ>>>

 
☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
娘と楽しく通学した!
ちょっと早起きができ気持ちが良かった!
今日も大切な家族と一緒に過ごすことができて最高に幸せです!ありがとう!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している
↓↓↓外資系転職に関する情報サイトです 
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



posted by としひろ at 17:19| Comment(0) | 外資転職の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

不況の中での外資のマネージメント需要

ここのところ、続けてエージェントから連絡がありました。


景気の先行きが不透明で、既にギリシャやイタリアに端を発した不況の波が、グローバルに広がっているにもかかわらず、マネージメントクラスの需要は活発なようです。


なぜか?


実は不景気がもたらす、マネージメント需要なのです。


景気が悪くなり、売上とともに利益が落ちると、コスト削減をトップマネージメントたちは考えます。


売上は下がる




でも、利益は出したい





売上右斜め下 ー コスト右斜め下 =利益ひらめき



コスト削減!


っで、はじめるのが高給取りのリストラ。


ローコストのスタッフを何人か解雇するよりも、高給取りを一人リストラするほうが効率的。


しかも、争議といった問題にも進む可能性は少ない。



解雇どんっ(衝撃)



でも、そのポジションがこなさなくてはいけない仕事はあるわけですから、後釜を採用する。


当然、前任者よりも低い年収で…


そして、マネージメントクラスの需要が発生する…


この時期のマネージメントの需要のすべてが、このパターンではありませんが、中にはこういったケースでの需要があるのも確か。


景気が悪いからといって、マネージメントの求人案件が、まったくなくなるわけではありません。



⇒転職エージェントのランキングへ>>>

 
☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
娘と一緒に楽しく通学した!
遅刻しそうだったけどジャストで間に合ってよかった!
大切な友達からメッセージが届いた!
今晩はパーティー、楽しみだ!
今日も大切で大好きな家族と一緒に暮らすことができて幸せです!感謝!!(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している
↓↓↓外資系転職に関する情報サイトです 
[外資系転職エージェント情報]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



posted by としひろ at 15:56| Comment(0) | 外資転職の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

外資系転職とレファレンス(リファレンス・reference)

外資系へ転職する際に、最後に要求されるのがレファレンス(リファレンス・reference )


信用照会のことです。


ほぼ採用が決まった段階で、最後に採用予定者がどのような人物であるかを、第三者に確認をとることです。


そのため、照会先の人物を二人ほど紹介することになります。


外資系の場合、英文のメールで照会の問い合わせをする場合がありますから、照会先の人物は英語ができるほうが良いでしょう。


また、照会先にはあらかじめ、企業の担当者から問い合わせの連絡が来る旨を伝えておくことを忘れないように。


問い合わせがきたら、良い回答をしてもらうように、お願いもしておくべきです。


なお、レファレンス先は、現在働いている職場の同僚や上司にはしないように。


仲の良い知人や友人、大学の先輩や教授などに依頼するのが、無難な選択でしょう。



☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
今日も家族と楽しく暮らすことができて本当に幸せです!
娘と楽しく登校した!
今日も素敵な一日を過ごすことができて最高です!ありがとう!!(^o^)/

「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している
↓↓↓外資系転職に関する情報サイトです 
[外資系転職エージェント情報]
[看護師ナースの転職]  [薬剤師の転職]

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

posted by としひろ at 16:17| Comment(0) | 外資転職の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

履歴書・経歴書で最も気をつけなくてはならないこと

外資系企業に限らず、転職する際に提出する履歴書や経歴書。⇒⇒続きを読む
posted by としひろ at 14:20| Comment(0) | 外資転職の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

外資系の昼食…

外資系企業で働いていると、海外オフィスの同僚や上司と同行することがあります。

その時、お昼のランチを取る際に、たまにワインやビールといったアルコールをとったりする場合があります。

特に、フランスやイタリアなどでは、お昼にアルコールを取ることは珍しくなく、日本に来た場合でもその習慣をとるようです。

彼らはアルコールに強いといわれていますので、顔に出たりしませんが、アルコールに弱い方は飲みすぎに気をつけなくてはなりません。午後の仕事に支障をきたしますから。


080328_1205~01.JPG
先日、海外スタッフとのお昼をテラスで取りました。

残念ながらワインは飲みませんでしたが…
posted by としひろ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資転職の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

英文レジュメの効果的な書き方とは…

外資系へ転職する際に必要とされる英文レジュメ。

書き方は、日本の履歴書とは大きく異なり、履歴書と経歴書が一緒になったようなもの。(詳しくはこちらのサイトをご覧ください)

ところで、効果的な方法とは、徹底的にポジティブに自分自身を売り込む内容にすること。

レジュメは相手側外資系企業と初めて接する機会です。そして、ファーストインプレッションは非常に大事で、それを変えることは非常に困難です。

自分がいかに優れているかを、レジュメに徹底的に書き込むことが必要でしょう。

この点は、お知り合いの外資系の転職エージェントに訊いてみると、いろいろと教えてくれます。(もちろんネーティブのエージェントに聞く必要がありますが)

外資系転職エージェントの情報は⇒こちらからどうぞ

人気ブログランキング

080325_1003~01.JPG
大阪へ出張してきました。

大阪といえば「たこ焼き!」

…(落ちがなくてすみませんぅ)
posted by としひろ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資転職の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

外資系企業に転職する際に役立つ転職エージェント

外資系企業に転職する際に役立つ転職エージェント。

外資系の転職エージェントの外国人のコンサルタントと、英語での面談に自信がない場合には、日系の転職エージェントに接触してみてはいかがでしょうか。

日系の転職エージェントであれば、日本語で面談できますし、日本の慣習など理解した上で転職先を紹介してくれるでしょう。



外資へ転職するなら、まずここから登録を

外資転職で高収入を狙うなら

日系転職エージェントで外資系企業に強いのは…

外資転職のための情報満載
posted by としひろ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資転職の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。