2014年10月29日

外資系へ転職するのなら

今までに、カナダ、アメリカ、イタリアの会社に勤めてきました。


また、インド系カナダ人、シンガポール人、フランス人、イタリア人などのボスの下で働いたことがあります。


さらに、インド、オーストラリア、アイルランド、韓国、イランなどの国と取引をしたことがあります。


そこで思うことは、国民性ってあるよね。


そして、色々な考え方やカルチャーがあるということ。


外資系で働くということは、そういった自分とは違うものを受け入れる必要があると思います。


日本の考え方ややり方にこだわると、外資系ではうまくいかないことが多々あると思います。


外資系に転職するのなら、そのことはしっかりと頭の中に入れておいた方がいいと思います。


☆今日の「良かったこと、嬉しかったこと」:
嬉しいコメントをいただいた!
天気がよくて気持ちがいい!
今日は早く帰れそう!
今日も大好きな家族と一緒に暮らすことができて最高に幸せです!心から感謝!! \(^o^)/
「良かったこと、嬉しかったこと」を毎日メモしていこう!

ブログのほかに運営している外資系転職に関する情報サイトです
↓↓↓
[外資系転職エージェント情報]
最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m



facebookページ「外資系転職エージェント情報 by Naion」







posted by としひろ at 13:13| Comment(0) | 外資へ転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。